信頼できる独立系FPをお探しの方はこちら

学習塾には何歳から通う?公立・私立別の費用をFPが解説

学習塾には何歳から通う?公立・私立別の費用をFPが解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

子供の勉強のサポート。

自宅で親が行うには限界があるので、どこかのタイミングで学習塾に通うのを検討しますよね。

とはいえ、

マネ男

そもそも何歳から塾に通わせたほうがいいのか?

マネ子

学習塾って、いくらくらいかかるのか?

など、通わせる前に色々気になっていることがある方も多いはずです。

そこで、今回はFP歴15年・700世帯以上の相談実績があるFP土屋が、

  1. 何歳から学習塾に通ってる?公立・私立別の利用状況
  2. 学習塾に何歳でいくらかけてる?公立・私立別の費用内訳
  3. 注意!ハイレベル進学塾のお受験費用は約200万円超え
  4. 3つの目的別!何歳から学習塾に通うかの考え方

の順に、これから子供を学習塾に通わせようと検討している方に役立つ情報を紹介します。

土屋剛(FP)

では、さっそく本文に移っていきましょう!

執筆者・監修者

土屋 剛(つちや ごう)

株式会社FCTGファイナンシャルプランナーズ:代表

土屋 剛
CFP®/二種・一種証券外務員資格/日商簿記2級
もくじ

みんな何歳から学習塾に通ってる?公立・私立別の利用状況

みんな何歳から学習塾に通ってる?公立・私立別の利用状況

『子供の学習費調査 平成30年度 学年(年齢)別,所在市町村の人口規模(学科)別の学習費支出状況』のデータを参考に、公立・私立別の学習塾にかける支出率から利用状況を調べてみました。

基本的に、中学生以外の年代は公立より私立のほうが学習塾の利用率が高いです。

土屋剛(FP)

公立・私立別の利用状況は、この次に詳しく紹介していきます。

公立

結論からお伝えすると、公立の場合は「小3~中学生頃にかけて学習塾を利用し始める子供が多い」です。

これは、

  • 中学受験の前
  • 高校受験の前
  • 勉強の難易度が上がる時期

といった子供のライフステージが大きく関係している可能性が高いです。

一方で、「小学校入学前や高校入学後は、学習塾への支出率が低下」します。

これは、

  • 小学校受験をする子が少ない(2020年度の私立小学校入学率は約1.3%)
  • 進学先が大学ではない子も多い(2020年度の大学進学率は約54.4%)

など、学習塾を必要とする子供の割合が少ないことが関係していると言えるでしょう。

土屋剛(FP)

詳しい内訳は、以下の表をご覧ください。

【公立】年齢別の学習塾の支出率(2018)

年齢学習塾への支出率
3歳9.2%
4歳12.2%
5歳12.6%
小126.8%
小231.4%
小339.0%
小440.3%
小545.1%
小651.6%
中158.7%
中268.7%
中379.8%
高134.5%
高236.8%
高342.1%
※小3で約4割・小6で約5割・中3で約8割の子が学習塾を利用している

私立

私立の場合は「特に小学生の間は学習塾を利用する子が多くなる」傾向があります。

これは、

  • 内部進学するための対策
  • 高いレベルの私立の勉強についていくため(補習)
  • 小学生の間は、自分で勉強する習慣が身についていないため

などの理由が関係している可能性が高いです。

特に中学から入ってくる外部の子に負けないように、小3~小6の間に学習塾を利用する子供が多くなっています。

また中学生の間も、約5割~6割の子が学習塾を利用しているようです。

一方で、公立と同じく「小学校入学前や高校入学後は、学習塾への支出率が低い」です。

これは、

  • 私立幼稚園の子でも小学校受験をする子が少ない(2020年度の私立小学校入学率は約1.3%)
  • 進学先が大学ではない子も多い(2020年度の大学進学率は約54.4%)
  • 大学進学はエスカレーター式で受験の必要がない

など、学習塾を必要とする子供の割合が少ないことが関係していると言えるでしょう。

土屋剛(FP)

こちらも内訳は、以下の表をご覧ください。

【私立】年齢別の学習塾の支出率(2018)

年齢学習塾への支出率
3歳17.1%
4歳24.4%
5歳25.0%
小162.7%
小267.3%
小375.6%
小479.5%
小584.0%
小681.7%
中155.6%
中262.8%
中362.6%
高134.6%
高237.4%
高342.8%
※私立に通っていても、小1~小6の間に約6~8割が学習塾を利用している
土屋剛(FP)

では次に、学習塾に何歳でいくらかけているかについて紹介していきます。

学習塾に何歳でいくらかけてる?公立・私立別の費用内訳

学習塾に何歳でいくらかけてる?公立・私立別の費用内訳

学習塾に何歳でいくらかけているかは、『子供の学習費調査 平成30年度  学年(年齢)別,所在市町村の人口規模(学科)別の学習費』を参考にしています。

こちらも中学生以外の年代は、公立より私立のほうが学習塾にかかる費用が多かったです。

土屋剛(FP)

公立・私立別の費用内訳は、この次に紹介していきます。

公立

公立に通っている子が学習塾に通う場合に費用がかかる時期は、

  • 第1位:中3(月額約2.6万円)
  • 第2位:中2(月額約1.5万円)
  • 第3位:高3(月額約1.3万円)

となっています。

これは、

  • 高校受験
  • 大学受験

を控えた学年の場合に、費用が増えていると予測されます。

土屋剛(FP)

詳しい内訳は、以下をご覧ください。

【公立】年齢別の学習費(2018)

年齢学習塾に支払う平均額(年額)
3歳3,947円
4歳8,812円
5歳8,564円
小117,991円
小230,278円
小340,629円
小447,773円
小584,579円
小696,289円
中1110,774円
中2178,408円
中3313,780円
高171,534円
高298,567円
高3150,650円
※公立に通う場合は、中2・中3・高3が学習塾の費用がかかる時期になる!

私立

一方で、私立に通っている子が学習塾に通う場合に費用がかかる時期は、

  • 第1位:小4(月額約4.0万円)
  • 第2位:小5(月額約3.2万円)
  • 第3位:小6(月額約2.1万円)

と、小学校高学年に集中しています。

これはやはり、

  • 内部進学するための対策
  • 高いレベルの私立の勉強についていくため(補習)

といった理由が関係していると考えられるでしょう。

土屋剛(FP)

詳しい内訳は、以下をご覧ください。

【私立】年齢別の学習費(2018)

年齢学習塾に支払う平均額(年額)
3歳19,694円
4歳32,396円
5歳29,570円
小1114,452円
小2121,978円
小3162,612円
小4257,528円
小5384,113円
小6485,494円
中1117,141円
中2156,644円
中3186,569円
高185,200円
高2120,636円
高3183,807円
※私立に通う場合には、小学校高学年が最も学習塾の費用がかかる時期になる!
土屋剛(FP)

では次に、お受験費用の注意点について紹介していきます。

注意!ハイレベル進学塾のお受験費用は約200万円超え

注意!ハイレベル進学塾のお受験費用は約200万円超え

ここまでご紹介した学習塾の費用は、あくまでも全国平均です。

都市部のいわゆる御三家と呼ばれるような人気私立中学を目指す場合は、全国の平均額では大幅に不足します。

具体的には、ハイレベル進学塾の場合、小4~小6の3年間だけでも総額200万円を超える費用がかかるケースがあるのです。

人気私立中学を目指す場合の学習塾の費用例
  • 4年生:年間52万円(月謝、春季・夏期講習など)
  • 5年生:年間68万円(月謝、春季・夏期・冬季講習、模擬テストなど)
  • 6年生:年間110万円(月謝、春季・夏期・冬季講習、模擬テスト、志望校別コースなど)

3年間で約230万円もかかる!

そのため、一定レベル以上の偏差値が高い中学校に子供を合格させたい場合には、高額な塾代を見据えてご夫婦で資金計画を立てておく必要があります。

マネ子

でも、資金計画ってどうやって立てたら良いの?

土屋剛(FP)

塾の費用だけを見るのではなく、マイホームや老後を見据えた長期的なライフプランをシミュレーションして、資金計画を立てるのが教育費貧乏にならないためのポイントです。

マネ男

なるほどね!でも、ライフプランのシミュレーションって難しそう。

土屋剛(FP)

たしかにいきなり、”ライフプランシミュレーション”と言われても戸惑いますよね。

ライフプランの立て方などについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、まずはご一読いただければと思います。

お時間がない方は、当事務所で提供しているようなFP相談をご活用いただくと時間や手間を節約できるのでおすすめですよ。

土屋剛(FP)

では次に、学習塾に通うタイミングを決める方法を紹介していきます。

3つの目的別!何歳から学習塾に通うかの考え方

の目的別!何歳から学習塾に通うかの考え方

何歳から子供を学習塾に通わせようか迷った際には、

  1. 小学校受験をしたい(年中・年長頃から)
  2. 中学受験をしたい(小3・小4頃から)
  3. 勉強習慣を身につけたい(中学校入学前)

のように目的にあわせてタイミングを決めるのがおすすめです。

というのも、

  • お子さまが本人が望んでいない
  • 目的が決まっていない

状態でとりあえず学習塾に通わせてしまうと、授業を受けに行くだけになってあまり効果が期待できない可能性があるからです。

学習塾に通わせることを検討する場合には、ぜひお子さまも含めてその必要性を理解できるように事前に家族で話し合う時間を持ちましょう。

仮に、お子さま自身が勉強よりも他にやりたいことがある場合には、塾以外の習い事に年間数万円~数十万円を投資したほうが将来的な可能性が広がる場合もあります。

土屋剛(FP)

教育費にかけられる金額にも限度があるので、多方面で学びの器を作ってあげられる環境づくりをしてあげてくださいね!

学習塾に通わせる場合の話し合いの例
  • 「中学になると勉強が複雑になるから、今のうちに塾で勉強しておく?」
  • 「学校の授業がわかりにくければ、塾で教えてもらえるけどどうする?」
  • 「勉強を楽しく教えてくれる先生がいる塾に行ってみない?」

→など、通う子供の意思を尊重するのがポイント!

結論:目的によって何歳から学習塾に通うかが異なる

それでは最後に、学習塾に何歳から通うかを考える上で重要なポイントを簡単におさらいしていきます。

本記事のまとめ

公立の場合は「小3~中学生頃にかけて学習塾を利用し始める子供が多い」です。

一方で、私立の場合は「特に小学生の間に学習塾を利用する子が多くなる」傾向があります。

公立に通っている子が学習塾に通う場合に費用がかかる時期は、

  • 第1位:中3(月額約2.6万円)
  • 第2位:中2(月額約1.5万円)
  • 第3位:高3(月額約1.3万円)

です。

私立に通っている子が学習塾に通う場合に費用がかかる時期は、

  • 第1位:小4(月額約4.0万円)
  • 第2位:小5(月額約3.2万円)
  • 第3位:小6(月額約2.1万円)

と、小学校高学年に集中しています。

都内のハイレベル進学塾で人気私立中学を目指す場合には、平均額とは異なり小3~小6の3年間で約200万円近い費用がかかるケースも珍しくありません。

長期視点でライフプランや資金計画を立てて、教育費貧乏にならないように注意しましょう!

また、学習塾に通い始めるタイミングに迷った場合には、

  1. 小学校受験をしたい(年中・年長頃から)
  2. 中学受験をしたい(小3・小4頃から)
  3. 勉強習慣を身につけたい(中学校入学前)

のように目的別に時期を決めると、子供の意欲も高まり塾の費用も無駄になりにくいです。

通塾前に家族で、「学習塾に通う必要性」や「目的」について話し合う時間を持ちましょう!

以上、今回は学習塾に通う年齢や費用について紹介しました。

「大切な子どもには、できるだけ良い環境を与えてあげたい!」という気持ちも大切ですが、現実的に教育にかけられる金額は世帯によって異なります。

どの程度子供に投資すべきか迷ってしまった場合には、長期目線で考えていくらまでなら出せるかを夫婦で話し合っておくと良いでしょう。

土屋剛(FP)

家計的な判断が難しい場面場合には、ぜひFP相談をご活用ください。

ライフプランを作成の上、現実的にいくら教育にお金をかけられるのかをFP視点でアドバイスいたします^^

当FP事務所のサービスはこちら
FP相談
学習塾には何歳から通う?公立・私立別の費用をFPが解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事内容を誰かと共有したい場合はこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる